INFO採用情報

人材育成

人材に対する考え

日本の良さと魅力を伝える。ラオックスの価値を高める根源は、間違いなく「人」です。ラオックスでは市場の急速な変化を前向きに楽しみ、柔軟な思考と行動で目標に向かって推進していける人材を育むことで、グローバル社会を乗り越えていける人材を生み出してききます。

育成方針

創業以来、業界の常識を打ち破る数々の挑戦をしてきたラオックス。仕事をする上での必要な知識の習得を支援するのはもちろん、各自のキャリアプランに基づき、自分の能力を伸ばせるような風土を作っていきたいと考えています。さまざまなラオックスの取り組みのひとつであるラオックス大学について紹介します。

ラオックス大学

ラオックスは2015年4月、「ラオックス大学」を開学しました。ラオックス大学とは本物の大学ではなく、社内研修制度をワンストップ化したもので、大きく「英語・中国語・日本語といった言語」「グローバル意識」「マネジメント」「ラオックスおもてなしサービス」という4つの軸を学ぶ場として誕生しました。この大学は社長も含め全社員が入学します。「ラオックスの良いところを伝えられる社員」を育てるための、独自のユニークな研修制度です。日本の魅力を商品的にもサービス的にもラオックスから提供できるような人材育成を構築しています。

スキル研修

語学は日本語、英語、中国語で商品説明がしっかりできるように、一定レベルの接客が可能になることを目指しています。母国語以外の2カ国語を社員全員に学んでもらう仕組みです。もちろん、それぞれの会話レベルに合わせて学べるように細かく講座を用意しています。中国人の講師が3人、英語の教師が2人おり、ラオックスは講師・学生いずれも社員で校正していることが特徴です。仕事内容に特化したテキストをつくり出したり、会話においても社内でよく使われる言葉、店舗でよくお客様に聞かれることなど、「ラオックスで働く上で必要な語学」を効率よく教育できるシステムになっています。東京や大阪などの複数の拠点で開催したり、オンデマンド通信でパソコン上で勉強できるように整備され、語学は年2回の試験で達成度を見ており、試験をクリアすれば、必ずしも個々の講座を受ける必要はありません。上級レベルに行くほど、給与など待遇も手厚くなります。また「グローバル意識」の醸成については、インバウンド市場の分析や戦略の企画立案を、具体的に現場での課題と照らし合わせてプロジェクトとし、研修の一環として社員に与えています。それを完遂するまでに必要な知識は大学でも協力し、出来の良いプロジェクトを実際に現場に取り入れることもあります。国内外の情勢把握は事業に直結するため、ラオックス社員に不可欠なスキルであり、それをラオックス大学でしっかりと学ぶことができるのです。

  • 数字の捉え方につてい学び、今ではあまり関係のない部署だと思っていましたが、数字の変化から、今後店舗で行うべき取り組みや改善点まで関連して見えるという学びがありました。コンシェルジュという立場で、お客様へのアプローチの仕方や店舗装飾においてどうしたら売上や利益につながるかという答えに近づいたように思います。

  • 今回の研修で、自分が担当する商品の知識についてまだまだ不足しているとわかりました。これからもっと知識をつけ、お客様の質問にただ答えるのではなく、商品に興味を持っていただき、買っていただけるテクニックを実践で身につけたいと思います。また、新人社員の成長のために、人を教える立場で今自分に足りないところも発見しました。

おもてなし研修

ラオックス大学では「自分に足りないもの、学ぶべきもの」を明確にすることで、「マネジメント」「ラオックスのおもてなしサービス」についても学ぶことが可能になります。ビジネスマネジメントプログラムは、ラオックス独自のステップ型研修です。研修では、社歴、レベル、職位に合わせて5つのプロセスを用意。基本マナー、ビジネススキル、育成、店舗業務の知識、数値管理、実務や人材管理など、最終ゴールを店長もしくは管理職の育成としており、働く上で必要な知識を身につけて自分自身の課題を乗り越えるための目標を持ってほしいと思っています。また実務経験を積んだ後に、自らの体験と照らし合わせて学ぶことで、より理解を深めることができます。そして、ラオックスのおもてなしサービスにつながる「接待」の確立、社員としての「考え方」「技術」の強化、ラオックスの中で「自分」をどのように活かせるか、この3本を軸としたカリキュラムによって、さらなる成長に繋がることを目的としています。

  • 数字の捉え方につてい学び、今ではあまり関係のない部署だと思っていましたが、数字の変化から、今後店舗で行うべき取り組みや改善点まで関連して見えるという学びがありました。コンシェルジュという立場で、お客様へのアプローチの仕方や店舗装飾においてどうしたら売上や利益につながるかという答えに近づいたように思います。

  • 今回の研修で、おもてなしの言葉が心を持って成すということを学びました。普段の接客時いつも同じ対応ができているのか、お客様に不快感を与えてないか、あらためて見なおさなければいけないと感じました。

INFO