中期経営計画

基本戦略

当社グループ事業を取り巻く環境は、円安の進捗、訪日外国人に対する規制の大幅な緩和、アジア地域の経済成長に伴う海外旅行需要の増加などにより、訪日外国人の増加が見込まれています。一方、異業種やグローバル免税店の参入、既存小売店の免税ビジネス強化により競争も激化してきています。
そのような中で当社グループは、日本における総合免税ネットワークの先駆者としてのポジションを維持強化し、さらなる成長を遂げるため、国内店舗事業を中心に「3つのプレミアム」を創出していきます。

セグメント別事業戦略

国内リテール事業

国内最大規模の総合免税店型店舗やファッションを取り扱う店舗も構え、多様化した免税ネットワークの構築を行う。

海外事業

中国国内の個人消費動向に合わせ、越境ECを通じたメイドインジャパン製品の販売を行う。台湾や中国を始めとする海外での事業展開や当社メイドインジャパンのオリジナル商品の輸出。中国で安価かつ高品質な自社開発製品を製造し日本への輸入貿易も行う。

その他事業

その他の事業として、不動産事業の他、様々な取組みを展開。

定量目標

■連結業績目標(単位:百万円)

2015/12(実績) 2016/12 2017/12
売上高 92,693 65,000 90,000
粗利 32,325 22,750 31,500
粗利率 34.8% 35% 35%
営業利益 8,586 1,250 2,700
営業利益率 9.2% 1.9% 3.0%

プレスリリースページの先頭へ