コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針


当社は、お客様や株主様をはじめとするすべてのステークホルダーとの円滑な関係を維持し企業価値の向上に努めながら、法令および社会規範の遵守を前提に正しい業務執行ができる経営体制の確立をコーポレート・ガバナンスに関する基本方針としています。

コーポレート・ガバナンス体制の概要


当社では、コーポレート・ガバナンスにおいて外部からの客観的・中立的な経営監視の機能は重要であると判断し、社外取締役および社外監査役を専任しています。また、社外監査役を含めた監査役による監査体制が経営監視機能として有効であると考え、監査役会設置会社の形態を採用しています。

当社の取締役会は取締役7名(内社外取締役2名)、監査役4名(内社外監査役2名)で構成されており、毎月1回以上開催し「取締役会規程」に係る重要案件や経営上の重要事項を協議・決定するほか、執行役員会を毎月2回開催することで経営戦略や業務計画の実行や見直しを迅速に行う体制を確立しております。
また、当社は「監査役会設置会社」形態を採用しておりますが、経営に対する監視・監督機能の強化については「監査役体制」、「取締役会と執行役員会」、「社外取締役・社外監査役の選任」等を通して実質的にその機能を果たしているものと考えております。さらに、企業倫理基準、社会動向、時事問題及び提案に基づき、法令の遵守に関するテーマを討議し必要に応じて全社への周知徹底や各会議体への提案を行うコンプライアンス委員会とその分科会として賞罰委員会を設置し、企業倫理向上と法令順守等のコンプライアンスの徹底を図っております。

コーポレート・ガバナンス体制図

プレスリリースページの先頭へ